お世話役のブログ

子供のお世話をする人があれこれ書きます

夫が育休とったので里帰り出産はしませんでした

里帰り出産はしませんでした

理由は以下の通りです。

夫が育休として3週間休みをとった

・私の親はフルタイムで働いていて、日中家にいない

・実家は遠方で移動に5時間かかるので、里帰りから戻ってくるのが大変

 

はい。日中帯に私以外の大人がいるのは夫が育休をとって、家にいるという選択肢しかありませんでした。だから里帰りしませんでした。

育休期間は、あと1週間とってくれれば、という気持ちもありましたが、3週間もすれば色々なお世話事に慣れてくるので大丈夫でした。頻繁なオムツ替えを1人でするかしないか、喋り相手がいるかどうかの違いでしかなかったので。

ちなみに、生後3ヶ月のときに1週間、実家に帰った時はめっっっっっっっちゃくちゃ楽だったので、2人目がもしできれば、里帰りして首の座る3ヶ月くらいまで居座りたいぐらいでした。夫より親の帰宅時間のほうが早いんですよね…。しかもご飯もでてくるんですよね…。さらに、田舎なので家が広いし、緑があるし、静かだし、友達もいるんですよね…。でも2人目も里帰りしないと思います。多分。

 

夫は育休を自分の意思でとった

そもそも、夫が育休をとることにしたのは、夫の希望でした。最初の新生児期を赤ちゃんと一緒に過ごしたかったのと、きちんとお世話できるようになりたかったからだったと思います。

f:id:sewayaku:20191212105612p:plain

この一瞬しかなかった時期を、共有できたのは良い思い出かも。 

夫はイクメン

夫のことを「育休取ってるからイクメン」とはいいません、私たちの家庭環境で子供を育てるなら、当然の対応と思っています。男性が育休取るのが当たり前の世の中になって、イクメンという言葉が滅びればいいと、ずっとずっとずーーーーーっと思っています。今は、イクメンといって持ち上げてやらないと、世の中の人の意識が変わらない状況だと思っています。

※ただし、育休をとると世帯収入が減るので、現実的には、”両親ともに長期の育休”はとれないだろうと思います。産後1ヶ月だけでも。それだけでも男性が育休とれれば良いと思っています。親(働いていなくて家にずっといる)が近くにいて通ってきてくれるような、常に手伝ってくれるのであれば、あまり夫が育休取る必要はなさそうですね…。でも、新生児は一瞬だからその時間を一緒に過ごすのはすごく大切な思い出になると思ふ。人によるでしょうかね。

抱き上げると、その辺の物を掴んで持ち上げる

握力が強くなってきました。生まれた頃はガーゼすら持ち上げられなかったのに。今ではバスタオルを掴んで持ち上げれるようになりました。

f:id:sewayaku:20191210130208p:plain

抱き上げると、その辺のあれこれを持ったままなので、ちょっと面倒だなと思う時があります。

離乳食をこぼしまくった服とか、おもちゃとか。いちいち手から取り上げて、片付ける必要があるので。

 

それ置いといてよ、と言うとニヤッと笑ってるようなそうでないような顔をしてる気がして可愛いです。たぶん。他人から見たらきっと真顔に見えると思いますが、ニヤッとしてるように見たいせいで、そう見えてる世話役です。

f:id:sewayaku:20191210130943p:plain

ああ、可愛いなぁ。
 

妊婦体験で夫が「楽勝」と言った理由が今わかった

妊婦体験で、よく重りをつけるじゃないですか。それで「楽勝じゃん」と余裕そうな顔をする旦那に嫁が怒るみたいな流れもよくあるじゃないですか。

以下の記事とかみたいな話。

妊婦体験で父親たちが発した『信じられない言葉』 想像力の欠如に「ありえない」の声 https://grapee.jp/665854

 

何が嫁に「そういうことじゃない」って思わせたのかが今わかりました。そこに命がないからです。

記事で言及されていますが、『何より「お腹の中にいる命を守らなくては」というプレッシャーが長い間続くことによって、心身共に大変な思いをしているのです。』まさにそれです。

起き上がるのも大変、屈むのも大変、足元も見えなくて大変。そういうことを体験しても男性には力があるし、身長もあるので「楽勝」と感じるのは当然だと思います。

胎動があるだろうか、お腹を押してしまったらどうしようか、こけてしまった時はお腹を守らなきゃ、といった命を持っていないからこその、「楽勝」さ。重りをつけるだけなら女性だって「楽勝」です。

想像力の欠如と叩かれてしまう男性側は不憫です。そんな5分や10分で体験できるほどの情報が重りにはないです。

 

どうやって妊婦体験を男性にしてもらうか考えるなら、もっと柔らかくして、時々鼓動(1時間くらい全く感じられなくなってひやっとしてもらいたい)があって、食事も制限して、1週間くらい装着してもらわないと無理です。それでも、本当の命じゃないから想像するのは難しいだろうな。

 

だがしかし、想像できない男性でも出来ることがあると思います。女性が「しんどい」と吐露すれば、そんなことと一蹴せずに「どうしてほしいか」と寄り添ってほしいです。褒めてほしいのか、慰めてほしいのか、気分転換したいのか、泣きたい気分なのか、美味しいものを食べたいのか、なにか不安があるのか、ただ話を聞いてほしいのか。

そして、女性は男性に察してもらうことを期待しないほうがいいと思います。男性には死んでも成し遂げられないことを行なっています。想像や体験も限度があります。想像力の欠如ではなく、想像できない次元の話です。こういうことがしんどいから、こうしてほしいと言わなければなりません。ただし、言葉で言っても寄り添ってくれないなら、それは、非情だと思います。

f:id:sewayaku:20191201170918p:plain

1度使った画像をまた使わせていただきます。はい。

 

おまけ話

妊婦体験した夫は「楽勝」とも言いましたが、「重りをつけてるだけだから意味ない」とも言ってました。私も妊娠6ヶ月頃?で胎動もほぼ感じられておらず、お腹もほんの少し膨らんだ程度だったので、つまらない回答と思ってしまったのでした。9ヶ月のころだったら「そんなことない!」って怒ってたのかな〜〜。

夜中の足上げとの戦い

本格的に寒くなってきましたね。夜中の授乳後に子供を寝かしつけるときのエピソードを一つ。

最近足上げができるようになりました。 

f:id:sewayaku:20191209141452p:plain

できるようになったのは嬉しいのですが、困ったことになりました。夜中に布団を蹴り上げてしまうのです。

f:id:sewayaku:20191209143710p:plain

テンションが高いときは、落ち着くまでこの攻防が続きます。これは寝かしつけの序章なのか、それとも今だけなのか。まあ、序章ですかね。寒いです。

妊娠中に遠出した場所の紹介とお腹の大きさ

妊娠中に遠出した場所を羅列します。毎日会社に行って、妊娠7ヶ月には残業30時間してしまっても風邪とか切迫にならなかった妊婦の例です。

それぞれで状況が違うと思うので、体調と時期を考慮して、検討されると良いと思います。

ちなみに関東在住です。

 

妊娠初期

・バリ4泊6日旅行(妊娠3週目くらいで、妊娠に気づく前でした)

・箱根1泊2日旅行(上記と同じく、妊娠に気づく前でした)

・名古屋へ1泊2日旅行

・車で片道2時間の場所へ日帰り観光

妊娠中期

・長野へ3泊4日の帰省(正月)

・関西へ4泊5日の帰省(正月)

・京都へ1泊2日の旅行

妊娠後期

・ディズニーへ日帰り観光

・車で片道1時間の場所へ日帰り観光

※臨月は遠出はしませんでした

f:id:sewayaku:20191207205833j:plain

お腹の大きさとまとめ

初期は、お腹もでなかったので旅行に行きまくりました。

中期は、仕事も年度末の繁忙期だったのでセーブ気味だったと思います。

後期は、産休を2ヶ月とっていたのでゆったりと過ごしていました。また、お腹も大きくなってきて万が一何かあってはいけないので、日帰りで無理なく行って帰ってこれる範囲で楽しみました。といっても、お腹が大きくなると色々と億劫になって、遠出する気になれなかったとも言います。

こちらがお腹の大きさです。

 

f:id:sewayaku:20191208134959p:plain

 

赤ちゃんが産まれたら、遠出できなくなるぞ、と思っていたので色々行っていましたが、実際はそこまで遠出できないわけではなかったです。いつか記事にしますが、生後3ヶ月は片道2時間の距離を車で帰省、関西へ新幹線で帰省もしました。さらに生後4ヶ月で1泊旅行にも行けました。

赤ちゃん連れではないですが、生後4ヶ月の頃に友人とディズニーに行くこともできました。3ヶ月の頃にも昼間に友人と遊びに出かけたりも。

赤ちゃん連れだと弾丸で行って帰るのが難しくなりますが、まったく制限されるわけではないので、妊娠中は無理せず疲れず、気分転換に行くぐらいがちょうど良いかなと思いました。

3ヶ月児と新幹線乗車レポ【大人1人バージョン】

子供が生後3ヶ月の時、京都から東京まで新幹線で帰省しました。

・9月2連休の土曜日

・子供1人、大人1人体制

・10時台の新幹線

・座席は11号車の一番後ろ。D、E席(2人掛けの席)

・抱っこ紐で行く。ベビーカーなし

 

2人バージョンはこちら。

sewayaku.hatenablog.com

 

座席について

 

基本的には、大人2人バージョンの時と同じです。赤ちゃんは子供料金なしで乗車できますが、隣に人がいる状況が嫌だったので、2席、座席を確保しました。

結果的には、気持ちに余裕を持てたし荷物も広げれたしで、2席確保して良かったです。

また、ファミリー特割でチケットを購入したので、通常の大人料金プラス5000円の18000円でいけました。気持ちの余裕を5000円で買えるなら買います。

expy.jp

※今は、増税で値段が上がったようですね。

 

時系列レポ

時系列でレポします。仮に10時京都発の新幹線とします。

9時 京都駅着、伊勢丹7Fのベビールームで授乳&オムツ替え。1度使ったので30分程度で完了。

10時 新幹線に乗車・発車する。抱っこ紐からおろして座席に置くと泣くので抱っこ紐で対応。その後、抱っこ紐で抱かれたまま品川駅まで寝る。

ただし、駅に着く放送で起きて泣くのでその度にデッキに移動。品川駅から東京駅は泣きっぱなしでした。

12時半 東京駅着。銀の鈴の近くの授乳室で、授乳&オムツ替え。在来線に乗車するもぐずりながら寝る。

 

比較的、寝てくれていたので行きよりはバタバタせずにすみました。全ては赤ちゃんの機嫌次第ですね…。

f:id:sewayaku:20191207125819p:plain

また、在来線は大人がもう1人ついてくれていたので、抱っこする人、荷物持つ人で分担できたので、あまり消耗せずに済んだと思います。

家から出て、帰るまで1人だと相当気合い入れて行く必要があると感じました。子供も大変だろうけど、何より大人もしんどいです。

 

 

3ヶ月児と新幹線乗車レポ【大人2人バージョン】

子供が生後3ヶ月の時、東京から京都まで新幹線で帰省しました。

・9月3連休の初日の土曜日

・子供1人、大人2人体制

・10時台の新幹線

・座席は11号車の一番後ろ。D、E席(2人掛けの席)

・抱っこ紐で行く。ベビーカーなし

 

座席について

座席は1ヶ月前に予約しました。ネットで調べたように、一番後ろの席(扉の近く)を選択することで、子供が泣いてもすぐにデッキに出られて良かったです。

また、11号車は多目的室があったり、やオムツ替えシートが広めのトイレに備え付けられているので便利ということで予約しました。

結果的に多目的室は使わなかったのですが、オムツ替えを広いトイレで変えれて良かったです。また、扉近くなのも、さっと出られるので迷惑かけるかなとひやひやせずにすみました。

また、扉近くは出入りする人が気になるかと思いましたが、さほど気になりませんでした。そんなに座席に座っていなかったせいもありますが。

ちなみに、11号車は子供が多いとかいうネット情報もありましたが、体感そうでもないです。若い人やサラリーマン風の人も普通にいました。もしかしたら他の号車よりも子供が多いかもしれませんが、階段から近くて便利な号車なので色々な人が利用しているという印象です。

 ベビーカーは座席一番後ろの空きスペースに2台くらい押し込まれてました。ベビーカー持って行くなら、たたんで空きスペースに置くしかないですね。

 

時系列レポ

時系列でレポします。仮に10時東京発の新幹線とします。

9時 東京駅着、銀の鈴近くの授乳室で授乳&オムツ替え

   余裕をもっていたけど40分近くいた。広くて綺麗でした。

www.tokyoinfo.com

10時 新幹線に乗車・発車する。抱っこ紐からおろして膝の上。

10時半 うんこしたのでオムツ替え

11時 お腹すいたのか、ぐずりだす。液体ミルクをもっていっていたのであげたけど、哺乳瓶嫌いなので、拒否。デッキにでてあやす

11時半 まだぐずるので、トイレで5分だけ授乳(すみません…多目的室は空いてなかったので)

12時以降 相変わらずぐずぐずだったけど、デッキで立って揺れていたら寝る。座席に戻って抱っこ紐のまま京都駅着

13時頃 伊勢丹7Fのベビールームで授乳・オムツ替え。在来線に乗って家着く。在来線に乗っている間は寝ていました。

 

一応お昼寝するぐらいの時間を狙って行きましたが、やはり騒がしいのかぐずり気味でした。大人2人でないと、かなりしんどかったかもしれません。 また、季節が良かったのも幸いでした。冬だと着込んでいるのでさらにしんどかったかも。夏なら暑いし。

あと、座席で授乳できれば一番楽なんですが、授乳ケープ被ってても嫌な人は嫌かと思うのでできませんでした…液体ミルク…飲んでくれないですし…。

とにかく座席に座れなくてずっと抱っこかもという覚悟で行けば、勝手に目的地に連れて行ってくれるのでどうとでもなると感じました。

 

京都から東京の新幹線は、大人1人で帰ったのでそちらもレポしたいと思います。